間柱と柱の見分け方

柱と間柱は寸法が異なりますので、配置場所や断面サイズで見分けることができます。

  • 通常の柱は、建物の構造を支えるための垂直の構成要素で、その断面サイズは105mm、120mmのが一般的です。
  • 間柱は、家の構造を支えるのではなく、部屋の内側の壁を支える、柱と柱の間にある小さい柱です。間柱は通常の柱の半分や三分の一の断面サイズです。

くわしくはこちら!
間柱とは?https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/other/mabashira/
柱とは、垂直に立てて建物を支える部材https://sumaity.com/glossary/kozo/hashira/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。