損傷後の建物修復には多額の金額がかかります

建物の接合部分など部分的損傷や変形、損傷部分の経年劣化により修繕が必要とされます。損傷してからの修復には多額の費用と時間がかかります、そして多くの労力や心労も伴います。

修復箇所や内容によってバラツキがあって一概に言えませんが、平均費用は120万と言われています。また、ケースによって何百万円以上かかる場合も十分にあります。

他には、損傷してからの自宅修繕には、スピードが求められる一方、応急処置のための建材不足や、施工チームの人手不足を考えて、実はかなり時間がかかります。

建物が損傷してからの後悔だと遅い!未然に防ぎ、今から建物の損傷に備えることに意識して、ローコストでDIY「制震」をはじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。