なぜ、小型ダンパーがDIY制震に最適なのか?

強力で性能が高い壁型の制震装置は、DIY制震には不向きです。不向きな理由としては大きく下記の3つが考えられます。
・制震装置の重量が重くて、人の手で設置するのが困難
・制振装置の周辺の部材(基礎や柱や梁など)にも大きな負担が掛かるので、それらの部材の補強が別途必要になる
・少ない数の装置を確実に効かせる必要があるため、取り付ける位置が非常に重要になり、取り付けられる位置が限られてしまう

一方で小型の制震ダンパーであれば、重量も軽く制震装置の取り扱い自体が楽です。1つ1つの耐力が小さいので、取り付ける部材の補強も最小限で済みます。取り付ける制震ダンパーも数が多いので、例え効きが悪い制震ダンパーがあっても、大きな問題にならずに助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。