設計図には意匠図、構造図、設備図があります

意匠図は、建築や住宅において、全体の間取りやデザインを伝える図面です。意匠図の中でも特に重要な図面が以下の3つです:

  • 平面図(建築物を平面的に見た時の図面)
  • 立面図(建物を東西南北からみたときの外観の図面)
  • 断面図(建物を鉛直方向に切断したときの図面)

構造図は、構造物に使用されるサイズや種類、および接続方を示す図面です。構造図には下記の種類があります:

  • 伏図
  • 軸組図
  • 部材リスト図
  • 詳細図
  • 標準図

設備図は、電気配線、水道、ガス、冷暖房設備の配管・配線を示す図面です。設備図は以下の仕様図面などに分けて作成されます:

  • 電気設備図
  • 給排水・衛生設備図
  • 空調・換気設備図
  • ……

くわしくはこちら!
建築図面の種類とは?http://kentiku-kouzou.jp/kouzoukeisan-zumensyurui.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。