木造在来軸組工法とは?

木造在来軸組工法とは、日本に古くからある伝統工法を発展させた、日本の代表的な木工法です。

構造体は柱や梁などの線材で構成され、建物が大きく変形することで地震に耐える特徴があります。DIY制震を設置することでこれが地震力を吸収し、耐震性能を高めることができます。

くわしくはこちら!
在来軸組工法の各部材の名称と役割:https://www.youtube.com/watch?v=BYRdAPS1ljA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。