簡単にわかる「耐震」と「制震」の違い

「耐震」は、地震の揺れに耐えること。つまり揺れがあることに変わりはないが、建物が揺れに耐えられることを目的にします。耐震建物では、人命確保はできるが、建物が損傷の可能性が高いです。

「制震」は、地震の揺れを抑制すること。「制震部材」を取入れることによって、揺れを吸収し、軽減します。制震建物では、人命確保の上、建物の損傷も少ないです。

建物の揺れは地震だけに限らず、台風などの強風や、交通振動でも発生します。「制震」は、そのような揺れからも快適な生活を守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。