世の中のほぼすべての建物は耐震です

建築構造には、

  • 耐震
  • 制震
  • 免震

に大きく分けて3つのカテゴリーがありますが、そのほとんどすべてが耐震にカテゴライズされる建物で、制震・免震は建築全体の中で少数です。地震に耐える建物はすべて耐震になるので、逆に言うと制震・免震ではない建物はすべて耐震ということになります。

免震建築は、建築基準法第37条の国土交通省大臣の認定を受けた免震材料を採用することで、免震建築とすることが可能ですが、戸建て住宅ではコストが合わず、大規模建築の採用に限られているのが現状です。

一方で制震建築は、建築基準法に記述がなく規準があいまいです。制震効果が十分ではない制振装置も制震として販売されているケースもありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。